YOHAKU :どうも、YOHAKUともうします。
日々忙しい現代を生きる皆さんに余白時間(ちょっとした休息時間)をお届けできたら…。
そんなわけで、「ちょっとした読み物」はじめます。
ぼちぼちやっていくので、ゆるゆるとお付き合いくださいませ。
余白時間について詳しそうな、ちまたで話題の人や
余白時間にぴったりな飲むおだし「YOHAKU」(ヨハク)をつくった人に
話を聞きに行ったりもしますよ。

記念すべき初回は、
飲むおだし「YOHAKU」を企画・開発したチームの人たちにお話を聞いてきました。
なんだか、アツ〜いお話が聞けましたよ。
それではどうぞ。ヨハハ ~

***
YOHAKU プロジェクトチーム :みなさん初めまして!YOHAKUプロジェクトチームです。突然ですが、みなさんは「おだし」を飲んだことはありますか?
実はわたしたちにとっても「おだしは料理に使うもの」という考えが強かったのですが、あるときふと思いつきました。
おだしのきいた和食を食べたときに、懐かしい気持ちになったり。
おだしの香りをかいだときに、ほっと心がほぐれたり。
実は「だし」はお料理に使うだけでなく、そのまま飲むことこそが究極の癒しにつながるのでは?
そんなところから着想を得て、飲むおだし「YOHAKU」(ヨハク)は誕生しました。

日本食に欠かせない「だし」を、コーヒー、紅茶に続く第3のリラクゼーション飲料として「国民的飲料」にまで育てていきたい。
さらには、日本発【Japan Origin】の新しい飲料として、世界の人たちを笑顔にしたい。
そんな思いを胸に、わたしたちは商品を企画・開発しました。

そんな「YOHAKU」の第一弾商品が、ドリップするだけでカンタンに本格的なおだしが楽しめる「YOHAKU Drip」というわけです。

おいしいのはもちろんのこと、カフェインも糖質もカロリーもゼロだから
実はとっても「役に立つ」飲み物なんです!

あえてお塩や調味料を加えず、国産のかつおやまぐろ、こんぶなどのだし原料だけで作っているので、楽しみ方は無限大!


・午後のおやつ時間や夜間の小腹満たしとして。
・夕方以降のコーヒーや紅茶のかわりとして。
・食事のお供に。
・寝起きのお白湯がわりに。
・飲みすぎてしまった翌日に。
・オンオフの切替が難しい在宅ワーク時の気分転換に。
・オフィスが冷房で寒いとき、カラダを温める癒しの一杯として。
・子育て中の慌しい時期の気分転換に。
・清々しい山登りの途中休憩で、ホッと一息。

他にもまだまだありそうです。
皆さまの楽しみ方も、ぜひ色々と教えてくださいね!
***


YOHAKU :なるほどなるほど、気合たっぷりだ。
ここらですこぅし、休憩といきましょうね。
そんな時に、YOHAKU Drip。
だしで余白時間をどうぞ。

それでは皆さん、次回をおたのしみに。
ヨハハ ~

***


【今回話を聞いた人】
(左)YOHAKUプロジェクトチーム 藤元氏 (中)同 宮島氏 (右)同 白須氏